それぞれの料理

フレンチではフォアグラなどの高級食材を使用した料理を食べる事ができる為、結婚式の料理で人気が高いです。
普段、自分達では食べることが少ないので、結婚式にフレンチが出るとゲストの満足度は高いでしょう。ワインなどと一緒に出すと喜んでもらえます。
フレンチと言ってもリーズナブルな価格で楽しめるものもあります。しかし、価格によって品数が変動をしてくる為試食をして検討をするようにすると良いです。
若いカップルの結婚式だと日本料理を出すことは少ないですが、日本料理は祝い膳として結婚式に定番の料理です。
祝い膳と言うことだけあって味だけでなく、彩りも考えられています。一つ一つの料理に丁寧な心粋を感じることが出来るでしょう。
神前式で結婚式を挙げた方は日本料理を楽しむ方が多いです。年代が上の方たちに喜んでもらうことが出来ます。

イタリアンや中華は普段食べる機会が多いです。比較的安価な料金で食べることが出来るでしょう。
フレンチが苦手な方は、イタリアンや中華だと慣れ親しんでいる場合があるので食べやすいです。ビュッフェ式の結婚式などに最適でしょう。
折衷料理はフレンチと日本料理、中華と日本料理など好きなメニューを組み合わせることが出来ます。その為、ゲストの年齢層が広い結婚式などに最適です。
費用についても把握しておく必要があります。結婚式を挙げるだけで費用がかかるので、料理の平均価格を知っておくとメニューを選びやすいでしょう。
式場やメニューによって異なりますが、平均1万5000円の所が多いです。